冬場はバスタブ(湯船)に水を溜めておく習慣が仙台に。凍結防止のため

仙台では、冬の習慣として、バスタブに水を溜めておく習慣があるそうです。
これは、気温が下がると、追い焚きする給湯穴が凍結してしまうことがあるため。

住宅の構造が寒冷地向けでないことが多く、暖房もエアコンに頼るのが主流のため、家の中でも凍結してしまうことがあるそうです。

そのような可能性のある物件の場合、他のエリアから引っ越してきた入居者には事前に知らせてあげるとトラブルを防げます。

カテゴリー: 地域 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。