孤独死(自然死)のリスクにも対応、高齢入居者にも対応した家主向け保険商品

若年層の人口が低下し、入居者を確保するためには、入居対象者層を広げる必要性が高まっています。

これまではさまざまなリスクが大きく、入居を敬遠するオーナーも多かった、高齢者世帯、特に単身高齢者も、これからは入居を受け入れていくことは不可欠となりつつあり、家主や管理会社でも新しい入居者層として注目されています。

一方で、入居中の自然死・孤独死による物件価値低下・原状回復費用などのリスクが高いことが、積極的な入居受け入れに踏み切れない要因ともなっています。

不動産オーナーのこのようなリスク・不安をカバーするための、さまざまな保険商品が登場してきました。保険を上手に活用することで、高齢者の賃貸需要に応えることができると同時に、効果的な空室対策・稼働率アップを目指すことが可能となります。

カテゴリー: 空室対策・稼働率向上 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。