東日本大震災の被災地で、賃貸物件(アパート・マンションなど)の需要が急増

東日本大震災の被災地エリアでは、地震や津波で自宅に住むことができなくなった方や、現在住んでいる賃貸物件が被災して住み続けることができなくなった方などが、近隣エリアで賃貸物件を探すケースが急増しているとのことです。

特に、沿岸部ではもともと賃貸物件が少なく、新たに建築するにも数ヵ月はかかることが見込まれるため、中核都市部(盛岡市、仙台市、福島市、郡山市など)での賃貸物件に入居申込が集中しているようです。

カテゴリー: 東日本大震災 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。